人気ブログランキング |

サツキ

丹波篠山で盆栽として育てられていた低木のサツキを、大分、昔に頂戴しました。 それを我が庭に地植えをしたのですが、長年サッパリ花をつけてくれませんでした。それが、今年は沢山大きな花をつけています。 そこで、挿し木で増やそうと思い、鹿沼土を買ってきてポットに入れ挿してみました。 果たしてどうなることやら・・・華麗な花が見られるようになるには、相当な時間を要することだけは確かですね。

c0192109_10201748.jpg

c0192109_10202602.jpg
c0192109_10352506.jpg






# by hougin | 2019-06-16 10:22 | 一般 | Comments(0)

クリムト展(グスタフ・クリムト)

上野の東京都美術館で開催している(4/23~7/10)「クリムト展」<没後100年を記念> を見てきました。 クリムトはオーストリア・ウイーンで活動(1826-1918)した画家で、初期の自然主義的な
作品から、分離派結成後の<黄金様式>の代表作「ユディト」や、華麗な女性像から風景画まで、120点が展示されていて、見応えがありました。

                      ユディト
c0192109_17305689.jpg



                   アッター湖畔のカンマー城
c0192109_17310796.jpg
              
                  女の三世代
c0192109_17313320.jpg
                   
                    赤子
c0192109_17314358.jpg




# by hougin | 2019-06-09 17:35 | 一般 | Comments(2)

八丈島(その4)溶岩台地

約400年前に八丈富士が噴火した際に流れ出た溶岩が海に流れ落ちて出来た溶岩台地を南原千畳敷
(海岸)と称しています。 溶岩流がそのまま海にせり出して、波に洗われ、ダイナミックな景観を作っています。 波打ち際は、恐ろしいので写真に撮ることは出来ませんでしたが、溶岩の隙間に可憐な花を
見ることができました。

c0192109_13260852.jpg
c0192109_13262758.jpg
c0192109_13264471.jpg

# by hougin | 2019-06-03 13:28 | 一般 | Comments(0)

八丈島(その3)植物

この島に特徴的な野菜に、明日葉(あしたば)があります。 アシタバとは、「今日摘み取っても明日には葉が出る」という意で、葉と茎を食します。 苗を売っていたので買い求め、我が家のプランターに植えてみました。 この他、亜熱帯の花が多く咲いていて、ゴクラク鳥の頭のようと言われる「ストレチア」、
おなじみの「ハイビスカス」や「アマリリス」、アフリカに咲く「ツンベルギア」等々を見かけました。

                      アシタバ
c0192109_19282099.jpg

                      ストレチア
c0192109_19284416.jpg

                      アマリリス
c0192109_19292139.jpg
                      ツンベルギア
c0192109_19294126.jpg



# by hougin | 2019-05-27 19:33 | 一般 | Comments(0)

八丈島(その2)玉石垣

かって流人が海岸から玉石を運び、積み上げて作ったという玉石垣。 積み方は「八方積」といって、
一つの石を中心に六つの石で囲むという積み方で、人を囲んで暖かく迎えると言う意を表すといいます。 八丈島は暴雨風雨の多い地域なので、風や雨から住居を守るため、溶岩や玉石をめぐらし、その上にツバキ や とっくり椰子(下部が徳利のように膨らんでいる)を植えて防風林としています。

        " 緑陰や流人の積みし玉石垣 ”

c0192109_21494182.jpg

c0192109_21495536.jpg


                      徳利椰子
c0192109_21500728.jpg








# by hougin | 2019-05-20 21:53 | 一般 | Comments(0)